雑誌掲載のご案内 「柳小路南角」/ 建築技術 中大規模木質混構造の新たな可能性を拓く

この度、ストローグの各種コネクタを使用した中大規模木造建築物「柳小路南角」が建築技術2019年6月号に掲載されました。

1・2階はRC造と木造、3階はRC造と鉄骨造の平面混構造で、平面的にも立面的にも混構造の建物です。街のイメージに合うように、粗挽き状態の製材を用いた重ね梁および束ね柱が採用され、手作り感のある架構が目指されました。柱は110mm角のスギ製材を束ね柱、梁は110×180mmの材を重ね梁とし、柱脚部や梁継手、梁受の接合部にストローグの各種コネクタが使用されました。

掲載ページ
P.128~131

物件概要
物件名  :柳小路南角
意匠設計 :三井嶺建築設計事務所
構造設計 :坂田涼太郎構造設計事務所
建設地  :東京都
用途   :商業施設
構造   :地上3階建て(木造・RC造・S造)
延床面積 :756.47㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム