雑誌掲載のご案内「A&A LIAM FUJI」/ KJ 2020年1月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した建物「A&A LIAM FUJI」がKJ 2020年1月号に掲載されました。

高さ2600mm、厚み210mmのCLTを使用することで、上下階で通り芯を共有するという木造の原則から建築を自由にし、田の字に組んだ三段をズラして重ねられています。ストローグのCLTコネクタを使用することで、求められる接合部の強度に対応したあらわしで美しいCLT建築を実現できます。

掲載ページ
P.38~41

物件概要
設計   :MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
構造設計 :KMC 蒲池健
建設地  :岡山県
用途   :宿泊施設
構造   :木造(CLT造)地上2階建て
延床面積 :104.99㎡
コネクタ :CLTコネクタ、Node.FastenerStroog.LSB

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム