雑誌掲載のご案内「ROOFLAG賃貸住宅未来展示場」 / 日経アーキテクチュア 構造で見せる木造大空間

この度、ストローグのCLTコネクタを使用した中大規模建築物「ROOFLAG賃貸住宅未来展示場」が日経アーキテクチュア2020年7月9日号に掲載されました。

鉄筋コンクリート造の地上4階建ての展示場です。高さが2.3mあるCLTの梁を128枚組み合わせて、斜辺長さが56.5mの直角三角形の屋根架構が形成されました。CLT接合部にはストローグの各種コネクタをご採用いただき、
強く美しい接合部を実現しています。

掲載ページ
P.26~31

物件概要
設計   :MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
構造設計 :Arup
建設地  :東京都
用途   :展示場
構造   :地上4階建て(鉄筋コンクリート造・一部木造および鉄骨造)
延床面積 :3725.57㎡
コネクタ :Node.HSMLNode.FastenerStroog.LSB、CLTコネクタ

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→ Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム