雑誌掲載のご案内 / Appeared in Magazines

SK1605_COVER10mmCS6.indd                  cover

この度、ストローグのコネクタを使用した中大規模木造建築物が二つの雑誌に掲載されました。
Node.Freeコネクタにより、場所によって角度がばらばらな火打梁を美しく接合しています。部材同
士をユニバーサルジョイントとして自由な角度で接合できるため、強度不足を補う火打梁を様々な角
度で接合し、遊具として生かすことも実現しました。
また、主要構造体のコネクタには、Node.HSSNode.ColumnNode.Fastenerが使用されました。
これにより、意匠性に優れた美しい空間を実現しました。

掲載ページ
雑誌1:新建築2016年5月号
「フクマスベース/福増幼稚園新館」P62~71
雑誌2:日経アーキテクチュア2016年5月12日号
「Focus on Architecture フクマスベース(福増幼稚園新館)」P56~63

物件概要
物件名  :フクマスベース/福増幼稚園新館
意匠設計 :吉村靖孝建築設計事務所
構造設計 :満田衛資構造計画研究所
監修   :日比野設計+幼児の城
建設地  :千葉県
用途   :幼稚園
構造   :鉄骨造 + 木造地上2階建て
延床面積 :684.81㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.Free

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

スクリーンショット 2016-05-14 0.08.24
鉄骨造テント内に木造部分を施工

スクリーンショット 2016-05-14 0.08.43
Node.FreeコネクタStroog.LSBで接合

nodefree
ユニバーサルジョイントで自由な角度で接合

スクリーンショット 2016-05-14 0.09.10
それぞれ角度が異なる火打梁を躯体に接合


Appeared in Magazines

The wooden building which be inserted Stroog connectors was appeared in two magazines.
Angle braces that have each different angle are connected by using Node.Free connectors
to the structure of the building.
Node.Free connectors realize a universal joint.  Therefore Angle braces are connected at a
free angle to reinforce the structure. And furthermore, Angle braces are used as a play eq-
uipment.
Main structure is connected by Stroog connecters. As a result, beautiful space is realized.

Magazine 1   : “SHINKENCHIKU” May 2016 issue
Pages           : 62 to 71
Magazine 2   : “NIKKEI ARCHITECTURE” 12 May 2016 issue
Pages           : 56 to 63

Architectural Design : YASUTAKA YOSHIMURA ARCHITECTS
Structural Design     :  Mitsuda Structural Consultants
Supervisor               :  HIBINO SEKKEI + youji no shiro
Building Use             : kindergarten
Structure       :  Steel + Wooden
Scale         :  2 stories
Site         :  Chiba
Connectors     :  Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.Free

→Contact Form

ストローグ 構造見学会のご案内 / Event of Observing a Structure

SONY DSC

この度、ストローグの各種コネクタを使用した木造住宅の構造見学会を開催します。

Face.Solidで接合したLVL木層ウォールにより、美しい木質空間が計画されています。Face.Solidは、ソリッド状の木材パネルで積載荷重と地震力等の水平力に抵抗するため、柱・梁・耐力壁の概念から解放された空間デザインを実現します。コネクタが木材内部や床下に隠れるため、木質パネルの美しさをそのまま生かすことができます。
また、Node.Freeをターンバックルとして使用しております。これにより、スラストを抑制し、安全な木構造フレームを構成できます。

見学会では構造躯体をご覧になれます。ご多忙の折とは存じますが、お申し込みをお待ちしております。

物件名   :素の住まい
意匠設計  :水野行偉建築設計事務所
構造設計  :すわ製作所 構造設計室なわけんジム
施工    :有限会社穴田工務店
用途    :住宅
構造    :木造2階建
延床面積  :96.60㎡
見学会日時 :2016年5月22日(日) 13:00〜16:00
現場    :富山県富山市  最寄り駅:「南富山駅」 車9分 最寄りIC:「富山IC」車3分
コネクタ  :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.FreeFace.Solid
お申込締切 :2016年5月20日(金)16:00

事前登録制です。
お手数ですが、事前にお申込みを下記のフォームにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
→見学会お申し込みフォーム(お申込み終了)
※駐車台数に限りがあるため、おおよその到着時間を「到着時間」欄にご記入ください。
※見学会の住所につきましては、お申込み頂いた方にのみご返信させて頂いております。

ご不明点ご質問ございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

SONY DSC

FaceSolid
Face.Solidコネクタ

NodeFree01
Node.Freeコネクタ

Event of Observing a Structure
The event of observing a structure is going to be held on May 22.

The beautiful woody space is designed by using LVL laminated walls that are connected with Face.Solid connectors.
Face.Solid connector resist against a vertical load and the horizontal force like an earthquake.  Therefore Face.Solid connector realizes the design that is freed from the concept of frame method.
The connector is invisible because the connector is inside timber.  Therefore beautiful woody texture is utilized effectively.
Node.Free connector is used as a turn buckle to restrain a thrust.

Architectural Design : Yukihide Mizuno Architects.
Structural Design     : NAWAKENJI-M from SUWA architecs+engineers
Contractor               : Anada construction company
Building Use             : House
Structure       : Wooden
Scale         : 2 stories
Date                        : 5/22/2016   13:00 – 16:00
Connectors     : Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.FreeFace.Solid

You need to make a reservation in advance with the following contact form.
→Contact Form   Japanese text only

 

 

 

中大規模木造建築物 構造見学会のご案内 / Event of Observing a Structure

DSC_0058

この度、ストローグの各種コネクタを使用した中大規模木造建築物の構造見学会を開催します。

ラーメン接合部であるNode.Rigidにより、垂直積雪量2mの条件の下、スパン11m、奥行19m、高さ8mの大空間の作業室を実現しました。
下記3点の理由により、2層吹抜ラーメンフレーム(柱:120×600、梁:120×900)を2材合せで計6フレーム使用し構造躯体を構成しました。
1.奥行き19mの作業室の壁線間距離を短くするため
2.作業室の階高が8mと高く、層間変形角を抑えるため
3.プランニング上、耐力壁のみで大きな地震力に抵抗できなかったため

梁せいが大きな梁には、中大規模木造建築物用の梁受コネクタであるNode.HSMLを使用しました。また、当物件は、立体解析モデルにより構造計算を行い安全性を検証しました。
見学会では建方終了後の構造躯体をご覧になれます。ご多忙の折とは存じますが、お申し込みをお待ちしております。

建主    :農事組合法人とくみつ
意匠設計  :松栄建設株式会社
構造設計  :ストローグ・デザイン
施工    :松栄建設株式会社
用途    :農舎
構造    :木造2階建 作業室(スパン11m、奥行19m、階高8m)
延床面積  :396.06㎡
見学会日時 :2016年5月20日(金)〜21日(土) 10:00〜15:00
住所    :福井県福井市徳光36 →MAP  最寄り駅:「大土呂駅」 車約6分 最寄りIC:「福井IC」車約13分
コネクタ  :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.RigidNode.HSML
お申込締切 :2016年5月19日(木)16:00

事前登録制です。
お手数ですが、事前にお申込みを下記のフォームにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
→見学会お申し込みフォーム(お申込み終了)

ストローグのNode.Freeコネクタを使用すれば、25m超の大スパンも実現可能です。ご不明点ご質問ございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

DCIM100MEDIADJI_0005.JPG

DSC_0017

DCIM100MEDIADJI_0021.JPG

04

 

Event of Observing a Structure
The event of observing a structure is going to be held on May 20 – 21.
Node.Rigid connectors that realize rigid joints are used to realize a large space under the 2 meters depth of snow. The span of the space is 11 meters, the depth is 19 meters and the height is 8 me-
ters.
Two storey rahmen frames were used to realize the large space due to the following points.
1. To make short the distance of the bearing wall line
2. To suppress an interlayer-deformation-angle
3. The shortage of bearing walls for resisting to an earthquake

The beam that has big sectional height was connected by using Node.HSML connectors. Node.HSML connectors are developed for a large wooden building.
The structural integrity of these buildings were verified by 3-dimensional analysis system.

Architectural Design : Matsuei construction Inc.
Structural Design     : Stroog.design
Contractor               : Matsuei construction Inc.
Building Use             : Farming shed
Structure       : Wooden
Scale         : 2 stories
Site         : 36 Tokumitsu Fukui-shi Fukui  →MAP
Date                        : 5/20-21/2016   10:00 – 15:00
Connectors     : Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.RigidNode.HSML

You need to make a reservation in advance with the following contact form.
→Contact Form   Japanese text only

 

 

 

英文サイト開設のお知らせ / Notice of an English Version Website

Stroog_Logo_EN

この度、ストローグの英語サイトがオープンしました。ホームページ右上のボタン(JP / EN)
で切り替えることが出来ます。今後は、日本語サイトと共に情報を充実させていきます。


Notice of an English Version Website

We added English language in our website. You can view English language by clicking
the button on the upper right corner of the window.We will gradually enrich informat-
ion on our website.

ネットワークメンテナンスのお知らせ / Notice of a System Maintenance

ロゴ

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
ネットワークのメンテナンスを行うため、下記の期間内はフォームによる各種お問合せ及びメールが一時的に
不通になります。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

期間
2016年4月2日(土)18:00 〜 2016年4月4日(月)6:00


Notice of a System Maintenance

A system maintenance will be performed from April 2nd 18:00.
Therefore, the contact form and the mail server won’t work. The system will start again on April 4th 6:00.
We apologize for your inconvenience during this period.

ストローグ 構造見学会のご案内 / Event of Observing a Structure

DSC03880

この度、ストローグの各種コネクタを使用した住宅の構造見学会を開催します。
RC壁の上部に梁せい2100mmのカラマツ集成材を格子状に組んだ構造躯体となります。接合部のスリット加工や穴加工等が一切見えなくなるNode.Seam(ノード・シーム)コネクタとStroog.LSB(ストローグ・ラグスクリューボルト)等が採用されています。見学会では建方終了後の構造躯体をご覧になれます。ご多忙の折とは存じますが、お申し込みをお待ちしております。

設計    :マウントフジアーキテクツスタジオ
用途    :住宅
構造    :木+RC造 地上1階
見学会日時 :2016年4月2日(土)13:30〜16:30
住所    :富山県滑川市大榎731-4 最寄り駅:あいの風とやま鉄道「滑川駅」車約15分  駐車場有  →MAP
コネクタ  :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.SeamNode.SNode.RCStroog.LSB
お申込締切 :2016年4月1日(金)お申込多数の場合、期日前に受付を終了させていただく場合がございます。

事前登録制です。お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、事前にお申込みを下記のフォームにてお送りください。
→お申し込みフォーム(お申込み受付終了)
※駐車台数に限りがあるため、おおよその到着時間を「到着時間」欄にご記入ください。

ご不明点ご質問ございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

DSC03462

DSC03932

DSC04131

DSC04182 (1)

DSC04827-4

 

Event of Observing a Structure
The event of observing an unprecedented structure is going to be held on April 2nd.
Laminated timbers that height is 2100mm are integrated into lattices.These massive lattices timbers are located on reinforced concrete walls.

Design            : MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
Building Use   : House
Structure    : Wooden + Reinforced Concrete
Scale      : 1 story
Site      : 731-4 Oenoki Namerikawa-shi Toyama →MAP
Date               : 4/2/2016   13:30 – 16:30
Connectors   :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.SeamNode.SNode.RCStroog.LSB

You need to make a reservation in advance with the following contact form.
→Contact Form   Japanese text only

 

 

 

製品仕様変更のご案内 / Notice of a Changing the Specification

製品仕様変更のご案内
この度、Node.Rigid(ラーメン接合部)の下記製品におきまして施工性の向上のため
仕様を変更いたしますのでご案内いたします。

◎変更製品
HRB-300、HRB-360
専用アンカーボルトM14(L=438)

◎変更時期
2016年5月から

◎変更内容
下記の資料をご覧ください。
→ダウンロード

 

Notice of a Changing the Specification
We change the specification of the following products for the improvement of
workability.

◎Products
HRB-300、HRB-360
Anchor bolt M14 L=438

◎Schedule
From May 2015

◎Detail of modification
Please check the following document.
→Download  Japanese text only

ゴールデンウィーク休業日のご案内 / Notice of Business Holiday

ロゴ

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら下記期間をゴールデンウィークの休業日とさせていただきます。
2016年4月29日(金) 〜 2016年5月8日(日)
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
2016年5月9日(月)からは、通常通りの営業となります。


Notice of Business Holiday
Please note that our office will be closed all day from April 29th to May 8th.
We will operate from May 9th.
We apologize for your inconvenience during this period.

中大規模木造建築物事例「空と海認定こども園」/ Case of a Wooden Building

A棟アクソメ_aiグレー

B棟アクソメ_aiグレー

小㈬    小㈫    小㈪    大㈰

小㈭    小㈰    大㈪    NodeHSML

A棟、B棟合わせて886㎡を超える平屋建て中大規模木造建築物事例であり、立体解析に
より構造の安全性を確認しています。

A棟は、長手方向に約40mの大きさがあり、約6m×8mの保育室が、合わせて5部屋配置
されています。
B棟は、9m×12mの遊戯室と7m×14.5mの保育室が配置され、遊戯室の上部は片流
れ屋根による吹抜空間を実現しています。

中大規模木造用梁受けコネクタNode.HSMLを含むストローグの既成コネクタを使用すること
で、特注コネクタの設計に要する時間やコストを削減することができます。材断面が大きい場
合にもロングボルトやロングドリフトピン等の準備があります。
また、全国にストローグコネクタに対応したプレカット工場があるので、現場に近いプレカッ
ト工場で加工を行うことができ、輸送コストの削減も図れます。

物件名   : 空と海 認定こども園
意匠設計  : SHPデザインスタジオ
構造設計  : Stroog.design
建設地   : 愛媛県今治市
用途    : 保育園
構造    : 木造平屋建て
延床面積  : A棟:490.18m² B棟396m²
コネクタ  : Node.HSSNode.HSMLNode.ColumnNode.Fastener

対応プレカット工場の分布は下記サイトの日本地図をご覧ください。
→ストローグのメリット

ご不明点ご質問ございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

 

Case of a Wooden Building
This is a case of wooden structure that is consist of two buildings.
The total floor area is over 886 square meter.
The structural integrity of these buildings were verified by 3-dimensional analysis
system.

The longitudinal size of Building A is 40 meters.
5 nursery rooms are arranged in the Building A. The each nursery room is 6 meters
long and 8 meters wide.
A nursery room in the Building B is 7 meters long and 14.5 meters wide. A play room
in the Building B is 9 meters long and 12 meters wide. The Above of the playroom is
an open ceiling.

Ready made connectors realize the shortening of design hours and the cost reduction.
There are about 140 pre-cut factories across Japan are compatible with STROOG.
Therefore, a near factory can provide pre-cut timber to the construction site.

Architectural Design : SHP DESIGN STUDIO
Structural Design     : Stroog.design
Building Use             : Nursery
Structure       : Wooden
Scale         : 1 story
Site         : Ehime
Connectors     : Node.HSSNode.HSMLNode.ColumnNode.Fastener

→Contact Form   Japanese text only

建築技術3月号掲載のご案内 / Appeared in a Magazine

02161348_56c2aa278fb58

ストローグのコネクタを使用した中大規模木造建築物「神奈川大学国際センター」が建築技
術2016年3月号に掲載されました。

Face.Solidコネクタが、LVL木層ウォールを長期荷重と地震力や風圧力 に抵抗する壁柱と
して機能させています。そのため、柱・梁・耐力壁という従来の 考えから解放され、今まで
の木構造にはできなかった空間デザインを可能にします。

掲載ページ
LVLによる壁柱構造
「神奈川大学国際センター」 P155~P157

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→お問合せフォーム

Appeared in a Magazine
The wooden building which be inserted Stroog connectors were appeared in a magazine.
Massive LVL walls which connected by “Face.solid” connectors realize new wooden design.

Magazine     : “The Kenchiku Gijutsu” March 2016 issue
Pages          : 155 to 157