「大槌町文化交流センター」


1


2


3


4


5


6


7


8


9

 

 

東日本大震災津波により全壊した図書館や交流施設を合築再建し、中心市街地に賑わいをもたらす復興の拠点とすることを目指して計画された複合施設です。建築基準法の改正により国内初1時間準耐火の純木造3階建ての図書館複合施設として建築されました。1階のエントランスホールでは地域に開放された空間とするため「連続門型アーチ架構」が用いられ、多目的ホールでは14.5mスパンを「相持ち立体張弦トラス」で実現されています。また、3階の図書館は約16m×27mの無柱空間が「樹状方杖架構」により実現されています。軸組みの主要接合部には中大規模用梁受コネクタNode.HSMLが使用され、地域産材を使用した温かみがあるあらわしの内部空間の美観を損ねず構成しています。

 

大槌町文化交流センター
設計:前田建設工業・近代建築研究所・中居敬一都市建築設計・TOC異業種特定建設共同企業体
構造設計:前田建設工業株式会社+株式会社ホルツストラ
延床面積:2,216.99㎡
階数:地上3階
構造:木造
用途:図書館、公民館
撮影:新建築社写真部(1-7)

 

使用コネクタ

Node.HSML 中大規模用梁受コネクタ

NodeColumn
Node.Column 柱頭柱脚コネクタ

NodeFastener
Node.Fastener その他のコネクタおよびさまざまな接合具

 

→ Contact Form(資料請求・お問合せ)