雑誌掲載のご案内 中大規模木造建築物4件 / 都市木造デザイン大全

この度、ストローグの各種コネクタを使用した中大規模木造建築物4件が都市木造デザイン大全に掲載されました。

◎岩手県気仙郡住田町庁舎

稲山正弘教授とストローグで共同開発した、Face.Latticeで構成されたラチス耐力壁が特徴的となっています。レンズ型の木造トラスでスパン21.8mが実現された庁舎で、中大規模木造建築物用の梁受金物であるNode.HSMLコネクタがメインコネクタとして使用されました。

掲載ページ
P.6~15

物件概要
物件名    :岩手県気仙郡住田町庁舎
設計・施工    :前田建設工業・長谷川建設・中居敬一都市建築設計 異業種特定建設共同企業体
意匠設計協力 :株式会社近代建築研究所
構造設計協力 :株式会社ホルツストラ
建設地    :岩手県
用途     :庁舎
構造     :木造地上2階建て
延床面積   :2883㎡
コネクタ   :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.HSMLFace.Lattice


本物件の詳細は、Worksでもご紹介しております。
→Works「岩手県気仙郡住田町庁舎」

 

◎柳小路南角

ラフ材を束ねて柱と梁を構成し、梁が柱を貫くような構造となっています。柱は110×110mmの製材を4×4本、梁は110×180mmの製材を3列×4段および3列×3段の構成となっており、柱脚部や梁継手、梁受の接合部にストローグの各種コネクタが使用されました。

掲載ページ
P.92~96

物件概要
意匠設計 :三井嶺建築設計事務所
構造設計 :坂田涼太郎構造設計事務所
建設地  :東京都
用途   :店舗(飲食店)、事務所
構造   :地上3階建て(木造、一部鉄筋コンクリート造・鉄骨造)
延床面積 :756.47㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

 

◎みやむら動物病院

Face.Solidにより、LVL厚板を高耐力壁として使用されています。耐力壁としての耐力性能は、強度試験サービスStroog.test(ストローグ・テスト)により検証し、耐力が高く粘り強い耐力壁であることが実証されました。

掲載ページ
P.136~139

物件概要
物件名  :みやむら動物病院
意匠設計 :鈴木敏彦/ATELIER OPA+西澤高男/ビルディングランドスケープ
構造設計 :桜設計集団
建設地  :東京都
用途   :畜舎(入院施設付き動物病院)
構造   :木造地上3階建て
延床面積 :246.09㎡
コネクタ :Face.SolidStroog.LSB


本物件の詳細は、Worksでもご紹介しております。
→Works「みやむら動物病院」

 

◎仙台市泉区高森2丁目プロジェクト(仮称)

柱・梁は鉄骨造、1~5階の耐震壁と4~10階の床スラブにCLTを用いた10階建ての賃貸マンションです。このCLT接合部にNode.HSMLStroog.LSBが使用されました。

掲載ページ
P.158~159

物件概要
意匠設計 :株式会社竹中工務店
構造設計 :株式会社竹中工務店
建設地  :宮城県
用途   :賃貸住宅
構造   :木造(CLT床、CLT耐震壁、燃エンウッド柱)+鉄骨造地上10階建て
延床面積 :3604.79㎡
コネクタ :Node.FastenerNode.HSMLStroog.LSB、特注コネクタ

 

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム