柱脚コネクタの施工性向上について

ストローグの1階柱脚コネクタ「HSB-30kN2」及び「HSB-40kNC2」を施工する際に専用基礎パッキン「HSKP-105」をご使用いただければ、施工性・施工精度がさらに高まります。また、アンカーボルトは、必ず専用アンカーボルトM16をご使用ください。

4               5
写真左:専用基礎パッキン「HSKP-105」
写真右:専用アンカーボルトM16

1               
写真左:専用基礎パッキンの上に設置したストローグ柱脚コネクタ「HSB-30kN2」
写真右:専用基礎パッキンを使用し、精度良く設置された柱脚コネクタ

専用アンカーボルトM16は、専用の設置治具2(改良型)を使用する事で、専用アンカーボルトM16の頭が視認でき、従来品よりも専用アンカーボルトM16の基礎からの出寸法の調整等が容易になります。

9               6
写真左:専用アンカーボルトM16の先端を専用設置治具2で固定。型枠は木製・鋼製どちらにも対応可能。
写真右:専用アンカーボルト設置治具2

専用基礎パッキン「HSKP-105」は、製品側面に刻印がついており、芯合わせ作業を容易に行えます。また、専用基礎パッキン「HSKP-105」の上部の突起部と、「HSB-30kN2」及び「HSB-40kNC2」の底部に施されたガイドとなる凹みを利用して、柱脚コネクタの向きを容易にかつ正確に合わせることが可能です。

8               7
写真左:専用基礎パッキン上面の突起と柱脚コネクタ底部の凹みを合わせることで設置精度が向上。
写真右:専用基礎パッキン側面の刻印と基礎の上に墨出しした芯を合わせることで、施工性・施工精度が向上。

「HSB-30kN2」及び「HSB-40kNC2」を施工する際には、専用レンチ「SWR-M16」のご使用をお勧めしております。専用レンチは、既製のレンチよりも首部分が細いため、コネクタ内部での可動域が広く、コネクタ内部でナットを締め付ける際の作業効率が高まります。また、円形枠部も薄くしていますので、コネクタ内部での締め付けを容易に行う事が出来ます。

11               10
写真左:ストローグ柱脚コネクタを専用レンチで固定。可動域が広くなり施工性が向上。
写真右:首部分が細く、円形部分が薄い専用レンチ「SWR-M16」

「HSB-30kN2」及び「HSB-40kNC2」の施工後は、土台を敷いていただきますが、推奨インパクトソケットをご使用いただくことをお薦めします。
→推奨インパクトソケットについて

13               
写真左:推奨インパクトソケットで梁受けコネクタを取付
写真右:取り付いた直行方向の梁受けコネクタ

専用基礎パッキン「HSKP-105」、専用アンカーボルト設置治具2、専用レンチ「SWR-M16」、その他コネクタについてはストローグまでお問い合わせください。

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム