「埼玉工業大学ものづくり研究センター」

1

2

3

4

5

6

7

 

 

智香寺学園創立110周年・埼玉工業大学開校40周年の記念事業の一環として、埼玉工業大学ものづくり研究センターが創出されました。建物中央に展示スペースを配置し、その周辺に4つの分野のワークスペースを配置されています。それら5つのスペースを4つの樹状柱で支えることにより大空間を実現した中大規模木造建築物です。稲山正弘教授(東京大学大学院)とストローグで共同開発したFace.Latticeで構成された全12枚のラチス耐力壁により、明るい室内空間を作り上げると同時に、小径材(ヒノキ)をふんだんに利用した木材資源の有効活用・耐震性の向上に寄与しています。

 

埼玉工業大学ものづくり研究センター
設計:株式会社松田平田設計
構造監修:稲山 正弘(東京大学大学院木質材科学研究室教授)
延床面積:981.44㎡
階数:地上1階
構造:木造
用途:展示スペース・実験室・ゼミ室等
撮影:新建築社写真部

 

使用コネクタ
NodeHSS
Node.HSS 小規模用梁受コネクタ

NodeColumn
Node.Column 柱頭柱脚コネクタ

NodeFastener
Node.Fastener その他のコネクタおよびさまざまな接合具


Node.HSML 中大規模木造用梁受コネクタ

FaceLattice
Face.Lattice ラチス耐力壁

 

→ Contact Form(資料請求・お問合せ)