雑誌掲載のご案内「屋根裏の家」/ 住宅特集2022年5月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した建物「屋根裏の家」が住宅特集2022年5月号に掲載されました。

巨大な余白としての屋根裏を有する3階建ての住宅です。屋根裏の構造は、構造解析されて適切にM20引張ブレースが配置されることで、梁:105×120mm、柱:105×105mmで統一された立体格子となっています。この引張ブレースの端部にNode.SeamNode.Forkを使用することで、すっきりとしたディテールを実現しています。また、この接合部の耐力はStroog.testで安全性を確認しています。

掲載ページ
P.76~83

物件概要
意匠設計 :ICADA
構造設計 :荒木美香構造設計事務所
建設地  :福岡県
用途   :専用住宅
構造   :木造地上3階建て
延床面積 :124.34㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.SeamNode.ForkStroog.LSB

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム