雑誌掲載のご案内「houseA/shopB」 / 狭小地での片側ラーメンフレームの活用

jt00021066_cover

「住宅特集」ホームページ作品詳細

この度、ストローグのコネクタを使用した住宅「houseA/shopB」が住宅特集2017年1月号に掲載されました。

間口が狭く奥行きが長い京都らしい敷地に、門型1スパンではなく、2層の側廊的空間と階高のある1層の主空間が
奥行き方向に並列する、バシリカのような構成で建築されました。
2つの空間を隔てる列にラーメン柱を設置し、側廊的空間へラーメン梁を掛けた片側ラーメン構造となっています。
これにより、主空間には耐力壁を用いず、開けた空間となっています。

また、中大規模用梁受コネクタNode.HSMLと柱・梁を結ぶ構造コネクタNode.Fastenerを大きいサイズで使用することで、丸鋼ブレースを接続する部位として使用されました。

Node.Rigidラーメンフレーム
片側ラーメンフレーム :12フレーム
ラーメン柱      :105mm×300mm
ラーメン梁      :105mm×360mm

NodeRigid07  node-rigid%e7%b4%8d%e3%81%be%e3%82%8a%e5%9b%b3

%e6%9e%b6%e6%a7%8b  %e6%9e%b6%e6%a7%8b2  %e6%9e%b6%e6%a7%8b3

掲載ページ
「houseA/shopB」P78~87

物件概要
物件名  :houseA/shopB
意匠設計 :木村松本建築設計事務所
構造設計 :満田衛資構造計画研究所
建設地  :京都府
用途   :併用住宅
構造   :木造2階建て
延床面積 :102.35㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.HSMLNode.Rigid

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム