新工法認証「ストローグ」を更新 勾配付きラーメン接合部を追加

この度、日本住宅・木材技術センターの新工法認証「ストローグ」を更新し、勾配付きラーメン接合部が使用可能となりました。

新工法認証「ストローグ」は、ラーメン接合部用コネクタNode.Rigidとその他コネクタを併用し、多層ラーメン、連続ラーメン、片側ラーメン、吹抜ラーメン、柱継手、梁継手、柱壁ラーメンなど、プランに応じた構造フレームを構成することができます。
これに加え、4.5寸までの勾配が付いたラーメン接合が可能となり、狭小地での高さ規制へ対応することもできます。また、片流れ屋根による吹き抜け空間や、山型ラーメンフレームによりスラスト抑制材なしでの空間構成も可能となり、デザインの幅を広げることができます。

新工法認証「ストローグ」では、ラーメンフレームのスパン制限がなく2材合わせも可能であり、住宅・非住宅の両方に対応することができます。また、純ラーメンだけでなく、面材耐力壁や筋交い耐力壁との併用も可能であり、必要に応じてラーメンフレームを採用することでコストを抑えることもできます。

勾配付きラーメン接合部の概要
対応樹種(集成材):スギ、ヒノキ、カラマツ、スプルース、オウシュウアカマツ、ベイマツ
対応勾配     :4.5寸まで
スパン      :制限なし
用途       :住宅・非住宅ともに対応可能


勾配付きラーメン接合部納まり例


勾配付きラーメンフレーム例(〇:ラーメン接合部、その他:ピン接合部)


その他ラーメンフレーム架構例1


その他ラーメンフレーム架構例2


その他ラーメンフレーム架構例3

 

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム