Works事例追加 / 明石市大蔵海岸公園施設

設計:株式会社畑友洋建築設計事務所
構造設計:tmsd萬田隆構造設計事務所
撮影:Toshiyuki Yano
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

建築レクチュアシリーズ 217のご案内 / 稲山 正弘・腰原 幹雄・佐藤 淳・陶器 浩一

ストローグが協賛させて頂いております「建築レクチュアシリーズ 217 2020年6月 」
が開催されますのでご案内いたします。

ゲスト建築家 : 稲山 正弘・腰原 幹雄・佐藤 淳・陶器 浩一
日時     : 2020年 6月 19日 (金) 18:00 開場 19:00 開演 20:30 終了
会場       : グランフロント大阪 (シアター)  大阪市北区大深町3-1 北館 4F
入場     : 1,000円
定員       : 381名 (事前申込制・当日会場にて先着順座席選択)
申込方法     :   ホームページより受付  http://217.aaf.ac/
※感染予防対策により、席の間隔を1席以上空けた状態で開催されます。
感染拡大防止対策のご案内 → https://217.aaf.ac/67/200523_happyo.pdf

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→ Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

雑誌掲載のご案内「A&A リアムフジ」「京都ゲストハウス こひのぼり」 / 商店建築2020年5月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した建物「A&A リアムフジ」「京都ゲストハウス こひのぼり」が商店建築2020年5月号に掲載されました。

A&A リアムフジ
→「商店建築」ホームページ作品詳細

掲載ページ
P.128~137

物件概要
設計   :MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
構造設計 :KMC 蒲池健
建設地  :岡山県
用途   :宿泊施設
構造   :木造(CLT造)地上2階建て
延床面積 :104.99㎡
コネクタ :CLTコネクタ、Node.FastenerStroog.LSB

 

京都ゲストハウス こひのぼり
→「商店建築」ホームページ作品詳細

掲載ページ
P.201~206

物件概要
設計   :魚谷繁礼建築研究所、池井健建築設計事務所
構造設計 :柳室純構造設計
建設地  :京都府
用途   :宿泊施設
構造   :木造地上2階建て
延床面積 :136.96㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

 

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

Products & Services Book 改訂のご案内

 

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度「Products & Services Book 」を改訂いたしましたのでご案内いたします。
製品やこれまでのご採用事例の写真を新たに追加しました。
ご覧いただきまして、弊社の製品とサービスについてご理解をいただけますと幸いです。

最新版資料は下記リンク先のサービスページ内にございます「ストローグ・プロ」よりダウンロードいただけます。
※ログインが必要ですのでアカウントをお持ちでない方は、リンク先のストローグ・プロ「→登録のお問い合わせ」よりご依頼ください。
→ストローグ・プロ

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

Works事例追加 / ゾーニングする山

設計:栗原健太郎+岩月美穂 / studio velocity
構造設計:小松宏年構造設計事務所
撮影:新建築社写真部
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

雑誌掲載のご案内「高岡の家」「house A」 / 住宅特集2020年5月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した建物「高岡の家」と「house A」が住宅特集2020年5月号に掲載されました。

高岡の家
→「住宅特集」ホームページ作品詳細

災害や北陸地域特有の厳しい気候を考慮し、地面から約700mm離した高床式の平屋の住宅です。構造は鉄筋コンクリート造と木の混構造で、室内の木梁にはNode.HSSを使用され美しいあらわし構造で構成されています。

掲載ページ
P.12~21

物件概要
意匠設計 :畝森泰行建築設計事務所
構造設計 :平岩構造計画
建設地  :富山県
用途   :専用住宅
構造   :地上1階建て(鉄筋コンクリート造・一部木造)
延床面積 :112.21㎡
コネクタ :Node.HSSNode.Fastener

 

house A
→「住宅特集」ホームページ作品詳細

山裾の高低差のある住宅地の一角に建つ、短辺5.46m、長辺8.19mの住宅です。1,2階共にほぼ間仕切りのないワンルーム空間となっており、ストローグのコネクタによりあらわしですっきりとした木架構が実現されています。

掲載ページ
P.32~41

物件概要
意匠設計 :木村松本建築設計事務所
構造設計 :海野構造研究所
建設地  :大阪府
用途   :専用住宅
構造   :木造地上2階建て
延床面積 :118.58㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

ゴールデンウィーク休業日のご案内 / 2020年5月2日(土)〜5月6日(水)

 

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら下記期間をゴールデンウィークの休業日とさせていただきます。

2020年5月2日(土) 〜 2020年5月6日(水)

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
2020年5月7日(木)からは、通常通りの営業となります。

【配送センター】TEL:076-471-2229 / FAX:076-471-2223
遠⽅地域や、お急ぎの商品のご注⽂につきましては、お早めにご連絡賜りますようお
願い申し上げます。

助成制度とサポートのご案内

全国木材組合連合会様より「JAS構造材個別実証支援事業」の第一次公募が開始されましたので情報をご案内させていただきます。
令和2年度より対象物件やJAS構造材の種類が追加されております。
※予算枠に達し次第締め切られます。

「JAS構造材個別実証支援事業」https://www.jas-kouzouzai.jp/jigyou2/
〇申請期間
事業申請   :2020年3月31日~2020年6月30日
助成金交付申請:2020年3月31日~2020年8月31日
※事前に、 JAS構造材活用宣言事業における登録が必要です。

〇対象となるJAS構造材
1、機械等級区分構造用製材
2、2×4製材
3、CLT
4、構造用集成材(短辺75mm以上、長辺150mm以上)
5、構造用LVL
※上記いずれかのJAS構造材を使用していれば、目視等級やフローリングなどその他林産材JASも対象となります。

〇対象物件
・施主が国でないもの(地方公共団体の建てる建物も対象)
・3階建て以下の居住専用の戸建て住宅や宗教施設を除くすべての建築物
※産業用途を有する戸建て住宅は、産業用途部分は助成対象となります。

人口減少により住宅着工数の減少が進む中で、新型コロナウィルスの影響も重なり、これからさらに非住宅を含む中大規模木造が注目されています。この助成制度も対象物件が非住宅中心となっており、これから該当物件が増えることも予想されます。

ストローグでは、非住宅を含む中大規模木造の構造計算にも対応しております。
助成金があることで建主様へのご提案もしやすい状況となり、鉄骨造やRC造で検討されていた建物を木造にするなど、ご提案の選択肢を広げていただけるかと存じます。

弊社で構造計算を対応する物件では、JAS構造材個別実証支援事業の申請フォローもご対応させていただきます。
ご相談をいただけましたら、まずは簡易算定という形でプランの簡易的なチェックと構造計算の御見積をご案内いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

雑誌掲載のご案内 中大規模木造建築物3件 / 新建築2020年4月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した3棟の中大規模木造建築物が新建築2020年4月号に掲載されました。

ROOFLAG
→「新建築」ホームページ作品詳細

掲載ページ
P.64~75

物件概要
設計   :MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
構造設計 :Arup
建設地  :東京都
用途   :展示場
構造   :地上4階建て(鉄筋コンクリート造・一部木造および鉄骨造)
延床面積 :3,725.57㎡
コネクタ :Node.HSMLNode.FastenerStroog.LSB、CLTコネクタ

 

CLT PARK HARUMI
→「新建築」ホームページ作品詳細

掲載ページ
P.110~117

物件概要
設計    :三菱地所設計
構造設計  :三菱地所設計
デザイン監修:隈研吾建築都市設計事務所、江尻建築構造設計事務所
建設地   :東京都
用途    :展示場
構造    :パビリオン棟  :鉄骨造一部木造1階建て
       屋内展示棟   :木造2階建て(CLTパネル工法)
       展示別棟    :鉄骨造1階建て
延床面積  :1,631.06㎡(パビリオン棟:601.38㎡、屋内展示場:985.38㎡、展示別棟:44.30㎡)
コネクタ  :Node.ColumnNode.HSMLNode.FastenerStroog.LSB、CLTコネクタ
※ストローグの各種コネクタは屋内展示棟にて使用されました。

 

ウッディーパーツ第2工場オフィスプロジェクト
→「新建築」ホームページ作品詳細

掲載ページ
P.188~193

物件概要
設計   :ANALOG
構造設計 :Stroog.design
建設地  :富山県
用途   :事務所 兼 ショールーム
構造   :S造スケルトン、木造インフィル
延床面積 :570.64㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.Free

本物件の詳細は、Worksでもご紹介しております。
→Works「ウッディパーツ新オフィス」

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

第23回木材活用コンクールの受賞作品のご案内

この度、ストローグのコネクタを使用した中大規模木造建築物3作品が第23回木材活用コンクールにおいて受賞作品として選出されましたのでご案内いたします。
→第23回木材活用コンクール

屋久島庁舎
◎特別賞(SDGs賞)
◎木質開拓賞(日本木材青壮年団体連合会会員賞)

物件概要
意匠設計 :アルセッド建築研究所
構造設計 :株式会社ホルツストラ、坂田涼太郎構造設計事務所
建設地   : 鹿児島県
用途    : 庁舎
構造    : 木造地上2階建て 一部鉄筋コンクリート造
延床面積  : 3,629.58㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

 

柳小路南角
◎部門賞(第1部門賞)

物件概要
意匠設計 :三井嶺建築設計事務所
構造設計 :坂田涼太郎構造設計事務所
建設地   : 東京都
用途    : 商業施設
構造    : 木造、一部RC造・鉄骨造
延床面積  : 756.47㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.Fastener

本物件の詳細は、Worksにてご紹介しております。
→Works「柳小路南角」

 

浦和明の星女子中学・高等学校 カフェテリア等
◎木材活用賞

物件概要
意匠設計 :清水建設株式会社 / 加地 則之
構造設計 :清水建設株式会社 / 木村 誠、南 博之
建設地   : 埼玉県
用途    : 学校(カフェテリア)
構造    : 木造、一部鉄骨造
延床面積  : 719.78㎡
コネクタ :Node.ColumnNode.Fastener

本物件の詳細は、Worksにてご紹介しております。
→Works「浦和明の星女子中学・高等学校 カフェテリア棟」

 

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム