Works事例追加 / 箱の家 163

設計:難波和彦+界工作舎
構造設計:佐々木睦朗構造計画研究所
撮影:八代写真事務所
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

Works事例追加 / 間∧屋

設計:株式会社UID
構造設計:小西泰孝建築構造設計
撮影:ナカサアンドパートナーズ
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

〈開催延期〉建築レクチュアシリーズ 217のご案内 / 安藤 忠雄

ストローグが協賛させて頂いております「建築レクチュアシリーズ 217 2020年12月 」
につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記日時に延期となりました。

主催者様からのご案内 →https://217.aaf.ac/

ゲスト建築家 : 安藤 忠雄
日時     : 2020年 12月 18日 (金) → 2021年 5月 28日(金)
        18:00 開場 19:00 開演 20:30 終了
会場       : グランフロント大阪 (シアター)  大阪市北区大深町3-1 北館 4F
入場     : 1,000円
定員       : 381名 →190名(事前申込制・当日会場にて先着順座席選択)
申込方法     :   ホームページより受付  http://217.aaf.ac/
※感染予防対策により、席の間隔を1席以上空けた状態で開催されます。
感染拡大防止対策のご案内 → https://217.aaf.ac/67/200523_happyo.pdf

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→ Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

Works事例追加 / ドゥース・ヌッカ(旧 草千里レストハウス)

設計:アルセッド建築研究所
構造設計:有限会社山辺構造設計事務所
撮影:浅田美浩
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

雑誌掲載のご案内「サクラと住宅」「御影の家」/ 住宅特集2020年12月号

この度、ストローグの各種コネクタを使用した建物「サクラと住宅」と「御影の家」が住宅特集2020年12月号に掲載されました。

サクラと住宅
→「住宅特集」ホームページ作品詳細

都心の住宅地に建つ店舗兼用住宅です。敷地内にもともと立っているサクラの木を残し、根張り、枝張りを避けるようにヴォリュームを配置されています。2層から成るRCの架構と3層から成る木架構の重ね合わせから成る構成で、RCと木の特注接合部はストローグで製作しました。

掲載ページ
P.38~47

物件概要
設計   :コンマ
構造設計 :樅建築事務所
建設地  :東京都
用途   :店舗兼用住宅
構造   :地下1階、地上3階建て(鉄筋コンクリート造、木造)
延床面積 :133.93㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.HSML、特注コネクタ

 

御影の家
→「住宅特集」ホームページ作品詳細

六甲山の傾斜地をひな壇造成した街区に建つ住宅です。ラーメン接合部用コネクタNode.RIgidで構成された扁平柱と段違い梁によるあみだくじ型案山子柱をトンネル状の空間の中央に建てた構成となっています。これにより、さまざまなレベルの床が南北のトンネルの中にパラパラと浮かび、光や風、風景を住まいの奥まで行き渡る建物が実現されています。

掲載ページ
P.102~109

物件概要
設計   :株式会社畑友洋建築設計事務所
構造設計 :tmsd萬田隆構造設計事務所
建設地  :兵庫県
用途   :専用住宅
構造   :木造地上2階建て
延床面積 :115.14㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.Rigid

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

冬季休業日のご案内 / 2020年12月30日(水)〜2021年1月3日(日)

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら下記期日を冬季休業日とさせていただきます。

2020年12月30日(水) 〜 2021年1月3日(日)

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。
2021年1月4日(月)からは、通常通りの営業となります。

 

Works事例追加 / nの家

設計:田所克庸建築設計事務所
構造設計:株式会社満田衛資構造計画研究所
撮影:ヴィブラフォト 浅田美浩
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

wallstat対応製品認定、CEDXMマスター登録のご案内

平素よりストローグの製品とサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、ストローグの基本コネクタがwallstat対応認定製品として承認されましたのでご案内いたします。
これにより、ストローグのコネクタを使用した建物をwallstatでモデル化することができます。

wallstat認証製品
・Node.HSS(梁受コネクタ):6種類
・Node.Column(柱頭柱脚コネクタ):18種類
※上記種類のコネクタに対し、各樹種・納まり毎のパラメータ登録をしております。

wallstatは、建物全体の大地震時の損傷状況や倒壊過程をシミュレートできるように開発された数値解析
プログラムです。一般社団法人耐震性能見える化協会様のホームページからストローグのコネクタのパラ
メータをダウンロードいただくことでモデル化して解析が可能です。

また、特定非営利活動法人シーデクセマ評議会様でも上記ストローグの基本コネクタがマスター登録され
ましたので、CEDXMファイルでの連携も可能となっております。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

Works事例追加 / 高岡の住宅

設計:畝森泰行建築設計事務所
構造設計:平岩構造計画
撮影:新建築社写真部
→Works

ストローグ施工例を更新しました。
ストローグのコネクタを採用した物件事例をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム

雑誌掲載のご案内「御影の家」/ GA HOUSES

この度、ストローグのコネクタを使用した建物「御影の家」がGA HOUSES 172に掲載されました。

入り組んだ場所にある小さな間口の敷地に建つ住宅です。Node.Rigidでラーメンフレームを構成する
ことで南北に空間を分断せずに連続する木造のトンネル状空間とし、光と風、景色がよどみなく通り
抜けていく建物となっています。

掲載ページ
P.136~149

物件概要
設計   :株式会社畑友洋建築設計事務所
構造設計 :tmsd萬田隆構造設計事務所
建設地  :兵庫県
用途   :専用住宅
構造   :木造地上2階建て
延床面積 :115.14㎡
コネクタ :Node.HSSNode.ColumnNode.FastenerNode.Rigid

ストローグの詳細は下記サイトをご覧ください。
→ ストローグで実現できること
→ ストローグのメリット
→Reports「一般的な金物工法とストローグの違い」

ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
→ お問合せフォーム